縁の下のTuba吹き

アクセスカウンタ

zoom RSS 朝から

<<   作成日時 : 2010/03/13 21:52   >>

トラックバック 0 / コメント 0

音楽漬け

感謝

楽しい


朝から吹くのではなく、打ち合わせやら、ちょっと聴いたり
そうそう、楽器を調性したり。

朝、一番に相談があったのが、
1番管について。

なんでも音がおかしい
ちゃんと鳴ってくれないとのこと

まさかと思いつつ、話だけを聞いた限りでは
ひょっとして、ピストンの高低がおかしいのでは?
と思いつつ、確認してみると・・・

確かに、いくら吹きこんでも明らかに鳴りがおかしい・・・
けど、吹いた限りでは、管がおかしいのではなく、
何か、ねじ曲がった感じ・・・
ふたを開けてみるとピストンのフェルトの減りが極端でもなく、
入れ方も間違っているようでも無く・・・?

とりあえず、ピストンがちょっと緩んでいていたので、回したら
更に悪化


と、いうことで、解決


最近のYAMAHAのTubaのピストンは、
POMのような凸形状の樹脂ガイドなので、
それをおさえているねじが緩く、浮いて、ちょっとピストンがずれた状態になり、
いくらピストンを押しても、ちゃんと穴と穴が一致しなくて、
つまり、管というか、空気の流れがちょっとずれて、
うまく流れなかったので、微妙に詰まった感じになり、
鳴らなくなったらしい・・・


ちょっと、解決して一安心



午後から、Kranich winds(クラーニッヒ・ウィンズ)

ネックはアフリカン・シンフォニー
通しで吹くと、口の中が・・・カラッカラ


ウィリアム・テルのPizz、
中学生の二人が激変

まだ、大きく出ちゃうときもあるけど、
ボッじゃなくなる・・・


何が起きたんだろう???


タンギングなしで、あの感じを出すのは、
とにかく説明しづらくて、一度もしてこなかったのですが、


さてさて・・・


多分、明日の夜、答えがわかるとは思いつつ、
ちょっと感動・驚き・感激


明日が楽しみ♪



それでは




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
朝から 縁の下のTuba吹き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる