縁の下のTuba吹き

アクセスカウンタ

zoom RSS お疲れ様

<<   作成日時 : 2011/03/06 23:51   >>

トラックバック 0 / コメント 0

山さんのところへ行こうか迷っていたのですが、
ちょっと具合が良くない自分に気が付き、
長谷川楽器さんに、雑誌を買いに行ったり、
エスポアつちやさんで、ハートランドビールを買ったり
あれやこれやと自分の用事?を済ませて午前中は過ごすことに

久しぶりに、20inchのシャフトドライブ自転車で
ゆっくり走り回ったので、少し気分がよくなり
午後からOcean BrassさんのBari-Tubaアンサンブルの練習へ行く
で、サラッと通しリハを行い、イベント会場へ移動。

イベント会場は、あいかわらず、混沌としていましたね。


今年は、Trb三重奏から始まり、
ピアノ二重奏、木管○重奏、ほぼJazzコンボまでが参加
アンコン規定からは外れますが、それはそれで・・・

ほとんど興味が無くて(>_<)聴いたことが無かった
Trpアンサンブルも聴けたり、
バラエティ部門のブームワッカーでスーパーマリオを聴けたり
いつもながら、楽しいイベントでした。

そうそう、Bari-Tuba 4重奏は
戸田先生のEuphonium Tuba Quartetを演奏しましたが、
いつもながら、聴衆が目の前過ぎて大緊張でした


後で、録音を聴きましたが、いつも出来た箇所が
ちょっと出しきれなかった部分もあって、反省


しきりとその後、Euph吹きさんが、F管購入をすすめていましたが、
F管のイメージって、湧かないんだよね・・・

お金や、時間の問題もあることも問題といえば問題なのですが、
F管で、こういう音を吹きたいっていうのが無いのが一番の理由・・・
その前にC管で、こう吹きたいっていう課題が山積

良くも悪くも、C管で吹かざるを得ない演奏の機会がコンスタントにあって、
その時間を割いて、しかも、物理的な身体の欠陥を越えて・・・


って、なると、追うべきイメージって大事です。


で、最終的に、そのF管、どこで吹くの?
ってなると・・・


正直、無謀なんだけど、
もう少し、C管のままで、アンサンブルに挑みたいなぁ・・・と思う今日この頃


と、まぁ・・・こんな機会に感謝



それでは

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
お疲れ様 縁の下のTuba吹き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる