縁の下のTuba吹き

アクセスカウンタ

zoom RSS 簡単が故に

<<   作成日時 : 2011/04/17 22:11   >>

トラックバック 0 / コメント 0

難しい・・・


と思った今日この頃


ひょんなことから、今朝は、朝から2時間程、
金管セクション練習を見ていました。

で、あとでわかったのですが、
木管セクションには上ちゃん、
打楽器セクションには、はっちゃんが来ていて、
気がつくと、Kranich丸抱えだったりして・・・


で、挨拶がてら、その楽曲のスケールから始めましたですよ。
経験上、出来ていないと、だいたい、その曲の
指も響きも「微妙・・・」なわけで、

で、確かに、スケールで難な箇所は、曲でも難
ちょっと、そこ、練習しておこうねってな箇所になるわけで(>_<)

全体的にはよくさらっているし、勝手にすすんでしまえるというか、
指揮が無くても、アンサンブルできる感じ、
というより、メトロノーム無視して進んじゃうところがあったりして、
笑っちゃいましたが、
「ちょっと、バランスを聴きたいから、このテンポで」
というと、ちゃんとそのテンポになったので、
どうやら「歌いたい!」が強いんだなぁ・・・と前向きに解釈したり???

で、知った曲とはいえ、実は、スコア初見でした(>_<)
構造が簡単な故に、すすめながら、解釈もすすめつつ、
少しすすんでは返して、確認したり、バランスを聴いてみたり、

流石に、技量的に難な部分は、今後の課題になりましたが、
バランスや曲の表現で、アドバイスした箇所は、
良い感じに反応が帰ってきて、正直、感動・・・

とりあえず、「ここは○●がもう少し聴こえるといいかも」
とか、出来る限り言ってみたりしたけど、足しになったんだろうか・・・?

と心配になってみたりして。


すみません(T_T)
ホントにスコア初見でしたので、
正直、ほとんど下向いてしまっていて・・・
多分、私が、あちら側だったら、
ちょっと、その辺の温度差が気になっていたと思う今日この頃


それにしても、吹奏楽の中間部って難しい。

基礎というか、コントロールというか、息の有る無しで、
歌に凸凹ができちゃうというか、
通すたびに、あっちだったり、こっちだったり・・・
吹いている方は大変というか、必死なので、
気がつかないところがちょっとあるのですが、
思っていた以上に、前にいると、落ち着かないわけで(’’;
なかなか難しいんですねぇ・・・

もう少しなんとかなると思いつつ、
今日は時間オーバー



日々の基本が大事・・・と再び痛感した今日この頃



色々勉強になりましたです



それでは

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
簡単が故に 縁の下のTuba吹き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる