縁の下のTuba吹き

アクセスカウンタ

zoom RSS はいぱー

<<   作成日時 : 2011/04/23 22:59   >>

トラックバック 0 / コメント 0

とまではいかなかったものの、今日も長い一日でした

ひょんなことから、朝からは、多種多様、人それぞれ、
初めて音楽と真剣に向き合う瞬間というか、
パート決めの瞬間に立ち会っていました。

おかげでワタクシも虚心というか謙虚になったというか、
金管へのアドバイスがほとんどですが、
最近、クラを吹いて、七転八倒していたおかげで、
木管へのアドバイスを横から聴きながら、
直には声かけしないものの、後で、他の方と、
自分なりの意見を交わしたり・・・


非常に有意義な時間であったと思いたい今日この頃



色々な意味で



で、その後、倉庫に眠っていたTubaの様子のチェックをしたのですが、
久しぶりに、YBB-201を吹く。

チューニング管や、その他の管が固着しているもの、
思ていった以上の音の抜けと響きに、とてもびっくり。

若干、ピッチの取りづらい音があるので、
初心者が吹く際にはちょっと注意が必要なのですが、
もっとひどかったのは、ぼこぼこに凹んだYBB-321II
まともに音がでない・・・(T_T)

強引に吹きこむと、どうにかピッチがとれるのですが、
まずppで、ピッチはとれない(>_<)
fffくらいで吹きこむと、異様に管が振動・・・
明らかに、凹んでいる箇所が悪さしていて、
初心者が手にした場合は、良い音を吹く為のハードルが異様にあり過ぎて、
推奨できないことを伝える



で、予定がズレ込んで、昼飯抜きのまま移動(T_T)
先週、ひょんなことから、セクション練習を拝見させていただいたところの
オーディションなるものをに参加する。

非常に、ここ一週間で、伸びて、非常に感動したり、
「アレ?」何が原因なんだろう・・・?
と頭をひねらずにはいられない場面に遭遇


一人だけ、先週同様、極端に1番ピストンのピッチが合わない・・・
若干、息が入っていないと言えば入っていない様子ながら、
他の音のコントロールはそんなに悪くなく、
そこそこ歌心があるような無いような・・・


確かに、1番のピッチがとりづらい楽器といえるのですが、
あれは何か違って別に問題があるような・・・
で、どうやら、本人も気が付いている様子が見られるものの、
妙に鳴りが悪いというか、手の施しようが無い様子・・・


その時は、疲労困憊で、すぐには思いつかなかったのが、
頭の痛いところですが、多分、あれは、トリガーか、
そもそも管の調整位置がおかしいのでは・・・?
と気がついたのは、帰りの車中(>_<)


とりあえず、コンビニに車をとめて電話したものの、
その後、どうなったことやら・・・



で、夕方からKranich Windsの初見大会のはずだったので、
気合いを入れて練習場所に向かっていた途中で、
「すみません、予約し損ねていました・・・」
との連絡



残念・・・



傷心で、髪をきりましたです(’’;



それでは

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
はいぱー 縁の下のTuba吹き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる