縁の下のTuba吹き

アクセスカウンタ

zoom RSS あれから

<<   作成日時 : 2011/08/03 23:52   >>

トラックバック 0 / コメント 0

もう一週間

いや、いつのまにやら
もう一週間



ご存じのように、「頑張れ」という言葉が大嫌いなワタクシ
えぇ、「頑張ったね」、なんて言葉も大嫌い。



毎年、裏方としては、何らかの形で関わってきたもの、
一つだけの例外を残して、4月から、コンクールまで、
全く部活動に伺うことを避けて来たんですけどね・・・


ある人に言わせれば、
まだ甘いだの、
無責任だの・・・
ご不満やご批判もあるとは思いつつ。

えっと、今年の萩中さんは、Springの中止の後、
春から、Tubaが0人ということで、
4月から、伺える機会は必ず伺うスタンスで、
ほぼ毎週、通って、思いつく限りの行動をとってみたわけですが、



かける言葉みつからず




長いんだか、短いんだか、約2カ月とちょっと・・・

そういえば、5月の初合奏から何回かは、
彼と彼女、二人の間に座り、私がTubaパートを歌って、
今、楽譜と合奏がどこに向かっているのか・・・
なんてやっていましたっけ。

テスト休みやら、修学旅行明け、どうなるかとコチラの心配をよそに、
なんだか、こういう風に吹きたい!っていうイメージが聴こえてきて、
回を重ねるたびに、もっと聴こえてくるようになり、
ピッチもよくなり・・・

実は、7月になってから、合奏を拝聴する度、
鳥肌たっていましたですよ。


ほったらかし・・・と思われたんじゃないかと思いつつ、
こっちはこっちで、自分で歩きだしたら、
自分の足で歩けるところまで歩かせたかったし、
毎週、どのタイミングで、どう、声をかけるべきか・・・
と、悩んでみたものの、言わなくても、前に進んでいたことも多くて・・・

けど、ほめるべきでは無いタイミングで褒めて、
落ち着かれても・・・と変な事を考えてみたり・・・


そう、まだ先は長い


で、初合奏から3カ月に満たない彼と彼女、
初ステージのコンクールで、あの演奏って考えると、
満点だと、多分、言ってくれる人は多いと思いつつ、
あの二人自身は・・・


多分、吹けた?

という思いと、

もっと吹けた?


が、混沌としたんじゃないか?と勝手に思ってみたりして。


客席のワタクシは・・・

鳥肌がたつ瞬間と、
「・・・」と思う瞬間と・・・



と、まぁ・・・
最終的には良い結果にはたどり着けませんでしたが、

まだまだ、あの二人の音楽は、始まったばかり
コンクールに集中しすぎた分、ちょっと心配だけど、
もっと前に、進んでくれるはず!って勝手に思いつつ



それでは

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
あれから 縁の下のTuba吹き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる