縁の下のTuba吹き

アクセスカウンタ

zoom RSS 注文の少ない料理店

<<   作成日時 : 2012/03/25 23:58   >>

トラックバック 0 / コメント 0

そうそう、コレは3/25にのお話
(4/3書いてますが)


思えば、遠大な


そう、長い時間を経て、辿り着いた


待ちに待った楽しい時間でした



思えば・・・
初めての出会いは、雨の日だったのですが、
今日は良い天気でした。


そうそう、遠大といえば・・・


一つ目
私自身、小柄なTuba吹きですが、
ずっと、あの二人の目の前では、ヒルスを吹くのを避けてました。
YBB321ですら大きいのに、いきなりアレ見せられてもねぇ・・・

と、いうことで、

吹いてイメージを伝えるときは、
お二人の楽器か、楽器庫でホコリを被っているTubaで接してました。

やっぱり、口でああだこうだ言われても・・・
と思う瞬間はどこかであるはずで、
そういうときはお二人が使用している楽器で、
表現ができるのがわかるのが一番
なんて勝手に思ってみたり(’’;

当初は、横に座ってちょっと指摘したりしながら聴いていましたが、
夏以降はほとんどアドバイスということもせずに、
拝聴しに行った翌週には、課題が解決していることはザラで、
多分、行った回数に比して、言った回数が、おそろしく少ないんじゃないか?と思いつつ、

コンクールや地区音や鶴嶺西コミセンや集いと、ずっと、聴く側でしたが、


とうとう一緒のステージに立てました(T_T)


待ちに待ちましたねぇ・・・



正直、集いの頃、既に一緒に吹きたかったのですが、

二つ目
当初から、集いは計画的?に高校生のお兄さんお姉さんとの合奏経験を積んで、
色々なTuba吹きや、コントラバスに出会ってもらって、
Tuba吹きの経験を積んで貰って・・・と、おこがましくも考え、
実行した甲斐があったというべきか・・・

(高校のK君の方が上手いというツッコミは勘弁してもらって)


すっごい楽しかった♪


いやぁ・・・横で笑って、「ココ、難しいねぇ」・・・なんて、
会話出来るなんて、5月には考えていませんでしたよ(>_<)


いつの間にやら、ちゃんと上と下に偏りなく二人が響いて
バランス良くTubaの響きをなすようになり、
おかげで、オレ、邪魔じゃね・・・?なんて思いつつ、
そう、下を吹いたのは、人数的、音域的、全体的なバランス。
下からドーンと更に響きが追加されると良いよね・・・ということで判断

横で二人の響きを聴きながらのアンサンブル
ちょっと贅沢でしたねぇ(>_<)


そうそう、上手の袖で聴いていてもよかったのですが、
現役のお二人で吹いた楽曲も良かった?と
あれこれ聞いて、客席で聴いた人から
沢山、高評価を貰った方が更に嬉しかった今日この頃


ここまでベタほめすると良くないのかもしれませんが、
多分、大丈夫


楽しんでいたとは思いますが、
満足しきってはいなかった気がする今日この頃(’’;



また、どこかで一緒に吹けたらいいなぁ・・・



に、しても・・・



朝11時からのステージの問題は・・・
朝8時過ぎから運搬の手伝いやらあれやこれやとドタバタして
音出し時間が難しかったこともさることながら、
妙に水分が少なくなっていて、喉パッサパサ・・・

現役さんのタフさがうらやましい今日この頃



それでは

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
注文の少ない料理店 縁の下のTuba吹き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる