縁の下のTuba吹き

アクセスカウンタ

zoom RSS 拝聴

<<   作成日時 : 2012/03/23 23:58   >>

トラックバック 0 / コメント 0

色々なドキドキを抱えつつ、市民文化会館へ


そう、TubaのA君
彼に会ったのは、彼が中一の初スプリングコンサートのときだったっけ・・・

あんなに小さかったのに、身長が伸び、
明らかにワタクシよりも・・・(’’;

いつの間にやら高2ですよ


で、演奏会



人数少なめでしたので、
ヴェルディのレクイエム、どうなるかと少し心配でしたが、
いやいや・・・その前の梁塵秘抄から言っていましたが、
曲想の勉強をしたということもありつつ、
静かに連なる調べ、壮大なる響き、厳粛なる空気・・・

良かったです





隣にいらっしゃった(多分、合唱とオケを振ったことがある)Oさん、
曲中、びくっと反応されてました(>_<)



そうそう、鶴高定演のここ最近の名物といえば、





なのですが、ハイレベル?な話の構成と、
細かい演技で、見ていて感心やら、楽しめたりやら・・・

余談ながら、某天気店のY田役の方、
階段降りるスピード、すごく速くてちょっとびっくり
個人的には、黄色い何かが吹きぬけていく感じでした


で、姫

あの声、滑舌が悪く、耳障り寸前のハイトーンで、
最初、何言っていたのかわからなかったのに、
その内、わかるようになっていったのは、演技力のなす技・・・?

ちょっとびっくりでした


あと、王子の演技、流石でしたね(>_<)
男前というか、宝塚というか、演技の安定度と、
そのはじけっぷり・・・

で、周りをなす役者の細かいフリ・・・
しゃべり手だけに注視させないアレ


アレ、いつから準備するんだろ・・・?


今回の選曲の幅の広さを考えると、
そのエネルギーがちょっとうらやましい今日この頃


あれやこれやと
なんだかエネルギーを沢山もらった一日でした


それでは

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
拝聴 縁の下のTuba吹き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる